肝臓に良い食べ物は皆さんも良く耳にや目にすることがあると思います。

ですが、反対に肝臓に悪い食べ物があるってご存知でしょうか。

もちろん、食材の過剰摂取や不規則な生活、暴飲暴食はダメである事は分かっています。

その他にも食材としてもちろんアルコール、加工食品、脂っこい食べ物などが代表選手と言えます。

アルコールはやっぱりダメなのと思われている方も多いでしょうね。

適量ならばお酒は百薬の長とも言いますので悪影響はありませんが、飲み過ぎはダメでしょう。

どこまでが飲み過ぎなのかという基準は本人次第ですが、身体の事を考えて、思い当たると思われている方は自覚をした方が良さそうです。

そして加工食品、そうです。

インスタント食品やジャンクフードと言われている物です。

これは添加物などの処理をするため肝臓が必要以上に働くという事が分かっています。

便利な裏には訳があるなんてキャッチコピーのようですが、肝臓の働きに解毒作用がありますので、皆さん十分に注意しましょう。

肝臓に良い食べ物の裏もありますからね。

最近、サプリメントは当たり前という時代になったと思います。

海外であるサプリメントの摂取で肝機能障害になったという症例が報告されました。

そうです。

肝臓は解毒作用があります。

ほとんどの物質が肝臓で処理されていると考えても過言ではないでしょう。

サプリメントも化学物質になりますよね。

肝臓に良い食べ物のサプリメントも発売されていますよね。

肝臓に良い食べ物として頼り切っていますと、実は肝臓には負担が大きかったという結果にも繋がる可能性があります。

肝機能障害を起こしたという症例報告があってから、肝臓に良いサプリメントとして商品も発売されています。

本当に人間は凄いと思います。

人のためになるようにと思いつつ商品開発をし、商売をする人がいる。

これも健康志向、長寿、美しさの追求という人間の欲求があるからでしょう。

便利な物にも裏があります。

何が必要なのか検討も必要ですが、過剰に食べる、頼り切るという事への検討も必要だと言えます。

自分の身体について、子供や家族の身体について一度真剣に考えてみることも必要なのかもしれませんね。